<   2006年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

f0016981_19353827.jpg産業Coの仲間のM-chanと久々会った帰り道、Painduceにパンを買いに行きました。
ホットラインで書こうと思っていた、コンセプトマップを完成させようかなと言う気持ちもあって。



f0016981_19364076.jpgPainduceのブログにあった、ドラゴンフルーツのジャムGet!できました。
食べるの楽しみです。

帰りに御堂筋を歩いたら、いちょう並木がきれいだった。
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-30 19:40 | Gourmet
f0016981_21204029.jpgいつもの本屋に寄ったとき、一冊の本を見つけました。それが、全力ウサギ
そして、アタイ全力ブログカキコ中。

キャラの可愛さに手にとってみたのですが、意外にも自己啓発本でした。
ちなみにこの表紙のキャラは、ミナライ。
全力工務店で働く『元』癒し系ウサギです。


行動を起こすと何かが動き始める。
どんな状況下においても、いつかは環境が変わるかも知れない。
でも、毎日を全力で生きていれば、
           どんな場所にいても自分自身が変わっていける。


全力で生きていくことで、変化に対し、自分自身がいい意味で柔軟に応じる事ができる自分でいれるという事を感じました。

ミナライもかわいいのですが、アタイの全力オキニはオヤカタ。
無銭飲食したミナライを全力工務店で働かせる・・・そゆ辺りに男気感じます。
週末はDJ OyakataとしてクラブでDJしてる意外性もス・テ・キ★

全力ウサギ・オフィシャルページです。
全力クリック♪
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-29 21:32 | Books
アタシはSoraを見上げるのが大好きです。
毎日、違う色・違う模様。

気に入ったSoraの景色は、必ず写真を撮ります。
そのSoraの景色をUPするだけの姉妹ページ、立ち上げます。

けふノSora
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-29 21:13 | Recommended
f0016981_20215911.jpgc2talkのカレンダーに、お菓子新製品カレンダーがあります。ほぼ毎日のように限定商品でてますね。

コンビニで、きのこの山クラッシックショコラベルギー風・たけのこの里ピスタチオ森のエメラルドを発見。


きのこの山はクラッカーがシナモン風味で特徴のある味です。クセはあるけど、ショコラとのバランスがいいのでいい感じ\(^O^)/

たけのこの里はクッキー部分がアーモンド味でピスタチオショコラと相性いいです。
リピートしたいかも\(^_^ )( ^_^)/
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-29 20:29 | Gourmet
今日はOFF。
ドイツ語の振り替えをしてもらったので、いつもと違う時間に十三に行きました。

f0016981_2343348.jpgいつも気になる店がありました。
それがTACOS EL NOPALです。
昼間は八百屋だったりするので、営業してるのか不明だったのです。
帰りカフェでお茶は止めて、タコスをto goする事にしました。


f0016981_190427.jpgメニュー見てたら、私の大好物のワカモレがあったので、一緒にオーダー。
ときたら、コロナビールがないわけにはいかないでしょう。梅田の成城石井で仕入れて。

本場のメキシコの方が作られてるので、私が想像していたメキシコ料理の味で嬉しかった!
タコスはソフトシェルだし、ワカモレはオーダー受けて作ってくれたから、フレッシュだし。
ここのワカモレは、アボガド・サルサ・ライムジュース・フレッシュオニオンが入ってると思います。後はわからない・・・
メキシカンナイトをしながら、ブログを書く私。
ワカモレなくなったので、おしまい。
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-28 18:59 | Gourmet
月曜は京都で仕事です。
四条河原町のあるデパ地下を毎週のようにチェックしてます。
目当ては・・・出町柳ふたばの豆餅。
このデパ地下には京都の名店の商品が集まってるコーナーがあります。
が、ここ二週連続売り切れ。
恐るべし、観光シーズン。

で、いつもはこのまま帰る所をどこの商品があるのかなとチェックしてました。
そこで発見しました!!
それは、
         美玉屋の黒蜜だんご
f0016981_0395258.jpg

いや~ん、何で売ってるの??
有名なの?

学生時代を美玉屋の近所で過ごしたので、ホント良く行きました。
北大路から204か206のバスの高木町下車すぐです。
私にとって、美玉屋はあくまで近所の和菓子屋さんという感じだったので、名店コーナーにならんでることが驚きです。
まぁ、嬉しい驚きですが。
そして、名店と言われるぐらい、いい味出してますが。

ここの黒蜜だんごは黒蜜がぼってりと付いていて、その上にまんべんなくきなこが付いています。
この黒蜜ときなこのコンビネーションが泣かせます。
だんごと黒蜜ときなこの微妙な分量がこの味を作ってるんでしょうね。
久々食べてもやっぱり美味しい。

来週から、ふたばか美玉屋かで悩んでしまう今日この頃・・・
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-27 23:35 | Gourmet
f0016981_022269.jpgYori-tanがスターバックス・ディスカバリーズをくれた。何でも関東限定発売の商品らしい。

arigata-ya・・・・
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-27 22:19 | Gourmet
f0016981_20421389.jpg同僚から、『文章をまとめる力・構成力はどうつけたらいいのか?』という質問を受けました。何か参考になるものがあればいいなと気にしていました。
今日探し物をしに本屋に行った時、丁度良さげなタイトルを見つけました。
それが・・・
    日経ビジネスAssocie

デキる人の『書く技術』というテーマです。

まだざっくりとしか読んでないですが、絵を用いた実例とポイントをまとめてあるので、わかりやすいです。明日、京都の仕事に行く途中に読もうと思います。

最初の長沢まさみさんの記事で『母性2.0』という表現が使われていました。
web2.0って言葉はもう常識??
今一理解し切れてないのでした。webの第二世代で、MIXIみたく仲間意識感じさせるみたいなサービスの事なんかな??
ホント新しい言葉ドンドン出てきますな。

起承転結なってない文章だけど、ブログだから・・・
ま、いっか。
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-26 21:06 | 徒然
やっと見ました映画版・Producers!

f0016981_073817.jpgたまたま同時期に発売された映画版のRENTと共に思い入れの強い作品です。
RENTは初めてブロードウェイ観劇デビューした作品。その時の私には、テーマが重すぎて考え込まされたのを覚えています。今年三月にNYから帰りの飛行機の中で見た時に"Seasons of Love"の曲なんか聴くと胸が一杯になると同時に、勇気さえ感じる自分もいたのですが。

f0016981_093143.jpg当時チケットがとりにくかった3作品"Hair Spray"か"Avenue Q"か"Producers"かどれかはみたいなと思っていました。帰国前日にやっと席が取れたのが"Producers"でした。
初めてのオーケストラシート。
それだけでも、ドキドキでした。

f0016981_23505528.jpgTONY賞を取ったときの主役=この映画の主役↓Nathan Lane&←Matthew Broderickのコンビからキャストは変わった時でしたが、こんなに笑った事ないんじゃないかと思うぐらい笑いました。


f0016981_23512562.jpg脚本は実にシニカル。
ブランケットや会計士の肘あてなどステレオタイプな表現をしながら、その登場人物のパーソナリティに伏線をはってるトコなんかは、よくできた本だなと思いました。学生時代、小説論の講義で習った事があるテクニックだったので。私、一応文学士です。
一番好きなシーンは劇中劇の"ヒトラーの春"
ブラボー★

今まで笑いは先が見えるというか、意外性のある笑いは少なかった感じ・・・
それはそれで安心感のある笑いなのですが。
意外性のある、『そう来るか』とくる内容の連続だったので、ホントに面白かった!

涙が出てくるほど笑った事で、私は立直ってNYから帰国しました。
単純に今生きてる事が、すごく幸せだった。
その事に感謝できた。
コメディ見て、そゆ大事な事感じる辺りが私らしいのかもしれないです。

200%の無理をしなくもなったからかもしれないけど、この時以来精神的には上り調子だなと思います。実績はどうだろか??伴えばいいんだけどね。
producersはそんな思い出深い作品です。
舞台と映画は目線が違うけど、ほぼ見たままに再現されてて嬉しかったです。

思い入れ強い作品だったから、Nathan Lane&Matthew Broderickを見たくて、三月にOdd Coupleを見に行ったのでした。
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-25 23:49 | Movie
移動の合間に、もう一度読み返してみました。
須藤さんの言葉はすんなりと聞き入れられるような、素直な文章だなと思います。
わかりやすいし。

今日、自分自身の中に響いたのは、
       "あなたの周囲の人々は、あなた自身の「在り方」を映し出す鏡"
という言葉です。

人との出会いは一見偶然のようだけど、何か共通の対象がないならば、出会う機会もありません。数多い出会いの中で、お付き合いが継続する事もあれば、途切れる事もある。

本当の意味で自分を生きていくことによって、自分を尊重する事ができる。
そして、自分を尊重できる事によって、他人に何か分け与えて上げる事ができる。
他人を変えることはできないから、自分の在り方を変えていくのが、本当の意味での自分を生きる道かもしれません。
[PR]
by lovely_kh | 2006-11-24 23:08 | Books