カテゴリ:├Counseling( 31 )

今日は講師養成講座、最終回。
一人20分の持ち時間で、レッスンプランなどの企画の詳細から実際のセミナーの10分をピックアップして行うもの。

私自身は、練習不足。
但し、普段から話しなれているもので、メンタルのセルフケアに使えそうなものをチョイスしました。
実際家で準備してたら5分ほどで、残りの5分をどう膨らませるか?と言うことが問題。
案外10分オーバーのペースだったので、レッスンプランどおりの展開にできました。
でも準備不足がたたって、自分の中では悔やみたい気持ち。
普段より深い話をしたので、考えながらじゃないと話せない。

業界人ではなく、違う業種の方々の今までにない違う目線からの良い意見も沢山いただけたことは、自信につながったけど、安穏とせずもっとプレゼンうまくなりたいと思いました。

何となくアバウトにでも、話そうとするコンテンツを決めておくと、後は自分の習得度合いだなと改めて実感。
アウトプットは、インプットのクオリティが問題なので、もっと勉強したいなと言う気持ちになりました。

初めてプレゼンする方から職業としてやってる方まで幅広いクラスだったけど、どのプレゼンテーションを聞いても、【その人らしさ】と言うのが垣間見れて、何においても【その人らしさ】をシンプルに表現することがその話に興味を示すことにつながるなと思いました。

内容も百花繚乱で、方法もパワポ使用の現在スタンダードなものが少なく、個性豊かな展開がおもしろい時間でした。


帰りに同じグループの方と打ち上げに行って、積極的な方が多いからか、知らない話を沢山聞けて、前向きな気持ちになったのでした。
[PR]
産業カウンセラー協会の講師養成講座第2回。
この講座は、全く初めて人前で話をする人という前提で進められているので、再確認のことから基本的だけど知らなかったことまで、勉強させてもらっています。

今回はグループ討議が多く、最後の課題発表に向けての準備していきました。

幅広いバックグラウンドの方ばかりだというのに、さすが【聞き上手は話し上手】とはよく言ったもので、良い意味での面白いと言うか興味深い時間でした。
一見長いと思われた120分のグループ討議はあっという間に終了。

お話の中で、本職以外にも色んな取り組みをされている方ばかりのグループだったので、話が尽きず・・・
本題の内容以外にも学びがあった私です。

時間のコントロールが必須のようだし、準備期間が案外ないような気がするので、タイトかもしれませんが、できるだけのことはやってみます。
[PR]
前回、帰省中で参加できなかった行動療法セミナー。
何だかんだ、最終回。


本当に早かったです。


今回はリラクゼーション法の実践などの実技がメイン。


普段、自分が提供側に回っているので、体験できるのは貴重な機会でした。
又、不安を感じる時にどういう身体反応を示すのかのワークは、シンプルに面白かった。


私の場合、脳が集中してガンガン重くなる。
身体と脳が別物な感じさえしました。



リラクゼーション技法も受け手側になるのは、本当に気持ちがいい。
自律訓練法は完全に落ちてました。



解除でシャッキリ理想的な状態になったし。
自律訓練法は自分でもできるものだから、自分でやればいいんだろうけど・・・



難しい内容も沢山あったけど、参加して得るところがたくさんあった3ヶ月でした。



f0016981_1424387.jpg




やった、終了証もらえた☆
[PR]
強迫神経症の暴露反応妨害法について。
難しい技法なだけに、初期面談の重要性について、話されていました。

色んな強迫、例えば洗浄とか確認とかの問題があると、有効だそうです。

色んな技法が研究・普及されることで、生きやすさにつながることを願います。
[PR]
早いもんで、行動療法セミナー折り返し地点。
今日は、系統的脱感作法について。

身近な例の解説が多かったのと、この部分はチカラを入れて学習していることもあって、知識の吸収力が良かった。

リラクゼーション技法のことは、特に自分も現場でやってることだけに、言い回しのことなど参考になることが多かったです。


後三回。
[PR]
行動療法セミナー第2回です!
今日は「問題行動改善のための行動変容法」というテーマ。

今日は少し行動療法の共通言語に慣れてきたし、具体例が多いから、自分の理解も深まりました。

f0016981_0171892.jpg


「何故、こういう行動をするのか?」
「対象者の心の奥に原因を求めない」という話は、良くありがちなことだけに、冷静に行動を判断するクセを日常でもつけたいなと思いました。

それにしても、結構行動療法は面白いです☆
私にとって、単語が難しいけどね・・・
[PR]
ものすごく、久しぶりの産業カウンセラー関連の研修会です。


全6回の【行動療法セミナー】


イントロダクション的な全体の構図を今回は話してくださったので、入門とはいえ範囲が広く、必死(汗)
いかに、座学と遠ざかってたかを実感。


「そういえば、覚えた!!」レベルの自分の状態に、驚愕・・・


問題行動に関して、

「行動が変わるからこそ、性格や心が変わる」
CLが自分で治したという自覚が、自分で自分の問題を制御する。


というお話は、普段の生活や指導する時のテクニックにも、応用できる可能性があるなと思いながら聞きました。


次回から、大事なことに関して深ぼりするから、楽しみ。
あっという間に6回はすぎるはずだから、しっかり勉強します。
[PR]
全ての面で、日々平穏に生きたいって言うのが、自分の第一希望だけど、中々そういう訳にはいかないです・・・
まぁ、そういう日常だから、おもしろいともいえるんだけどね。

気持ちのムラがあるのは、疲れるから、色々コントロールする術を持とうとします。
ここ最近、ゲシュタルトの祈りって言う詩があって、コレ読んでます。


私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。
私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。
出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。


パールズっていう精神科医のオッチャンが、ゲシュタルト療法って言うセラピーをはじめました。
ドイツ語で、ゲシュタルト=かたち。

「今ここ」で、「どう」話しているか、「なにを」話しているかを問題にします。
あるがまま~、なすがまま~って感じなのかなと思います。

この翻訳の言葉に、結構癒されています。
[PR]
8月末に受けた、キャリアコンサルタント試験の結果がきました。
結果・・・・


合格!!


f0016981_18142958.jpg



一年越しになっちゃったので、嬉しい!
一安心。
甘んじず、次の目標を立てますよん。
[PR]
とうとう試験。
前回より、少し多く勉強した自覚。
全部教科書読んだし(レベル低い・・・)、いやいやそれより新聞やコラムのキャリア関連のものは気にして読んで、わからない言葉は調べていたので、教科書読んですでに理解できていることが多かったのもあるけど、自信なし。

何が出たかすっかり忘れたけど、単答式の記述は

技能検定・エンプロイアビリティ・ダイバーシティ・ネットワーク形成・ジェラットの意思決定理論
あたり。
来年もだったら困るから、残しときます。

論述問題は
「キャリアカウンセリングを行うにあたって、あなたの課題とそれに対する対応策をキャリア・コンサルティングの意義にふれながら論述しなさい。」みたいな感じだったと思います。

とりあえず、おつかれさま私。
[PR]