カテゴリ:Books( 52 )

f0016981_1334034.jpg



やっと購入。キースジョンストンのインプロ。




合わせて、4冊も大人買い。



読むのが楽しみだ。


キース・ジョンストンのインプロ―来日ワークショップの記録
今井 純
論創社
売り上げランキング: 502,489

[PR]
by lovely_kh | 2014-01-30 13:32 | Books
茨木スクールの会場に、小さな図書館があります。
たまたま好きな本の一つ、The missing pieceの翻訳本~新装 ぼくを探しに
を見つけ手にとってみました。

f0016981_3161661.jpg


よく読んでたのが、学生時代だから、もう相当の月日がたっています。
あの頃、何を感じながら読んでいたのか?忘れてしまった・・・
けど、何だか分からないけど、泣いてた気がします。

久しぶりに読んでみて、欠けている部分があることって、欠けているからこそ反対に色んなことができるし、制約もなくなるし、楽に生きれるんじゃない??

と思いました。


自分の感情のあり方で随分変わるけど。
この絵本に久々出会えてよかったな。
[PR]
by lovely_kh | 2011-03-18 23:26 | Books
まとめて買った本の中の一冊・・・
まほろ駅前多田便利軒

を読みました。

f0016981_19543076.jpg


買って知ったのですが、直木賞作品だそうです。
東京郊外、まほろ市でなんでも屋をやっている多田と高校時代の同級生の行天の周りで起こる事件や人間模様を描いています。

小説を読むのが久しぶりでしたが、のめり込むように読むことができるほど、おもしろい作品でした。

話の組み立て方が秀逸なので、ハチャメチャになりそうなエピソードが多いのに、スッキリとまとまっています。

ビジネス書は学んでるとかじぶんの感情に訴えるところがあるけど、オモシロは小説にありきですね。
[PR]
by lovely_kh | 2011-02-02 23:53 | Books
インプロ仲間のRyochinが一冊の本を薦めてくれました。
最近、ブックレビューをはなせるトモダチが近くにいなくて、こゆ感覚飢えてたので、薦めてくれてうれしかった☆

脳と即興性―不確実性をいかに楽しむか


f0016981_1345026.jpg


新書はなんとなく解釈するのに、時間がかかるから読むの遅くなるんだけど、この本はサラーっと頭に入ってきました。
対談形式です。

山下洋輔さんのジャズセッションの中での経験されたことをふりかえりながら、話は展開されていきます。

この話の中で、一番ココロに残ったのは・・・

即興は人間を自由にする。無限の生命エネルギーがわいてくる。人生そのものが即興である。

という文章。

私がインプロ始めたのは、最初は目的もあったけど、今はこの自由な感覚・自分の生き方そのものが即興棚と思えてきた感覚。
その感覚に遊び心が加わって、遊び心がある分、特定のことにフォーカスしすぎず、そんなにストレスもたまらない。


私の仕事は常にライブだから、台本どおりにことが進むことなんてあんましないし、無理に台本どおりにプログラムを進めてしまうと、参加者の気持ちが伴わない。


準備はするけども、毎回毎回の即興感。
その感覚を感じていただけるような時間を提供できるよう色んな視野で自分を磨いて、無限の生命エネルギーを参加者自身が感じるような内容を提供できるようになりたい!

何をするにしても、即興力って重要だ。


山下さんのライブ、生で見たいな。
[PR]
by lovely_kh | 2011-01-22 23:20 | Books
今売れてる本の一冊伝える力 (PHPビジネス新書)を読みました。

f0016981_392517.jpg


TVで、池上さんが来日されてる外国人の方が分からないキーワードを1分間で簡潔に的確にまとめるという番組を見ました。
とにかく、時間通り過不足なく解説するその技術はすごいです。

「話す」「書く」「聴く」能力はコミュニケーション力だと冒頭に書かれています。
文中にあったように、謙虚な気持ちで、読みました。
伝える力がテーマなだけに、サラリと読みやすい本です。
でも、的を射ています。

難しいことを分かりやすく伝えることが一番難しいこと。
この本は難しいと感じることなく読むことができた、「何故そう感じたのか?」「どういう表現が理解しやすかったのか?」その部分を特に学ぶ必要があるなと思いました。
[PR]
by lovely_kh | 2010-07-14 23:06 | Books
昨日、買った本。
単純におもしろそうだから。

のはなし にぶんのいち~キジの巻~
f0016981_18125782.jpg


のはなし にぶんのいち~イヌの巻~
f0016981_1813121.jpg



昔の宝島のVOWを髣髴とさせる沢山の写真。

そして、読んでる途中に爆笑をかみ殺す・・・


ラジオのストーリー展開から考えるとクセがありそうだけど、素直な文章が意外。
エッセイは、その人自身が率直に現れるような気がする。
伊集院さんはラジオでもいえるけど、1つの物事を表現する時のその言葉回しがとっても優れてると思う。
[PR]
by lovely_kh | 2010-04-22 19:33 | Books
オトモダチを見送りに行った、新大阪。
シャッターが閉まった駅構内の本屋さんの壁・・・


「人生を旅せよ」
いいね、この言葉。


f0016981_348234.jpg



ニーチェは、ドイツの哲学者。
難しそうだけど、この言葉たちに引かれて買う気になった。

超訳 ニーチェの言葉

f0016981_23333762.jpg


黒の装丁がかっこいい。


出版元がディスカバー21らしく前向きな言葉があふれ出て、自己啓発本みたいな内容。


前後の文脈で、いったいニーチェはこの言葉たちをどういう状況で、どう伝えたかったのか?と言うことがわからないことがボンヤリしてるけど・・・


基本的な言葉や文章のチョイスが、元気になれる。
ニーチェ研究と言う感じではなく、元気でナチュラルな自分を見つめなおす時には、中々いい本だと思う。
[PR]
by lovely_kh | 2010-04-14 23:32 | Books
少し前に、こんなメッセージをもらいました。

「私はどんな事業でもどのような活動に於いても、社会的使命が必要だと思っています。いわゆる我々がどのようなミッションをもって活動するかということが大切です。」

心に引っかかることがあるので、色々考えてしまう言葉でした。
その場その場での一時的である限られた範囲内でのミッションを持つことはあれども、長い人生の中で若しくは広い世界の中で自分のミッションという観点は、実に狭量なことを感じています。
できることも限られてるだろうと・・・

今日偶々、小さな図書室の傍を通った時、新着本の中にあったのがこの本です。

いまあなたにできる、50のこと~社会貢献、はじめの一歩~


f0016981_226387.jpg


冒頭は、もし世界が100人の村だったら~youtubeのような書き出し。
そこから、具体的にどういう支援をしているNGOなのかと言うことを丁寧に解説してあります。

いつか参加しようと思っていたgreen birdも紹介されていました。


以前読んだ、夢をかなえるゾウのガネーシャの台詞にこういうものがありました。

「世の中の人を喜ばせたいっちゅう気持ちを素直に大きくしていくことが大事やねん。そやから寄付すんねん。
自分はとにかく人を喜ばせたいし、助けたい。そういう人間になることや。」


この時には具体的にアクションをしていなかったけど、実際に地震での募金をした(少なすぎて申し訳なかったけども)時に、ほんの少しだけでも人様のお役に立てたような気がしました。
ガネーシャさんの言葉を素直に納得した瞬間です。

自分は何もできないものの早急に対応すべき場面なだけに、プロの支援隊が活動しやすいような自分ができる支援をすることが重要かなと思うのです。

とはいえ、世界中には多くの問題が山積してると言うのに、実際にその場面も見て贖罪の気持ちも感じているのに、何かをしないのは嫌なので、この本を読んでアクションを起こす気になりました。

気付かせてくれたこの本に、感謝します。

実際に始まってみたら、どう感じるのだろうか・・?
[PR]
by lovely_kh | 2010-03-06 23:23 | Books
フレディの伝言と言う本を以前に読んで、感動したことがあります。

フレディ松川さんの本は、優しい言葉の中にも具体性が多いので、サラリと頭の中に入ってきます。
だから、見かけたら買ってます。

f0016981_2191720.jpg



誰もが老いていくし、誰もがいつか死ぬ。
ごくごく当たり前のこと。


身体は老いていけども、長い人生誰もが色んなことを培って生きてきた。
私たちが、歴史の教科書の数ページをサラッと読むだけではない、その人それぞれの生き様があった筈。
老いていくことは、悪いことでは決してない。

だからこそ、頭や心も含めて、いつまでも元気でいたいですね・・・
最後まで、自分らしい人生を送りたいですね・・・
[PR]
by lovely_kh | 2010-03-04 19:32 | Books
駅のキオスクで、先だけ出てる新聞で、サリンジャーがなくなったことをしりました。
サリンジャーといえば、米文学において、必ず読むような作家なので、生きていたことに驚きました。
失礼・・・


f0016981_17142980.jpg


もう何年も読んでない作品・・・
今、どう感じるのかなワタシ。
[PR]
by lovely_kh | 2010-01-29 23:07 | Books