カテゴリ:Movie( 13 )

昨日のしまなみ海道のRoad movie作ってみました。


[PR]
by lovely_kh | 2014-01-05 22:46 | Movie
やっとみれました、アマルフィ。
今クールでやってるドラマの前の作品になるそうです。
f0016981_17393547.jpg


イタリアの景色の美しさに、まず目を奪われます。
f0016981_17402453.jpg


話も重すぎないサスペンスで、おもしろいです。
f0016981_1741521.jpg


最近の邦画はおもしろい。
[PR]
by lovely_kh | 2011-01-25 17:41 | Movie
不意に時間があったので、見たかったソーシャルネットワークをみました。

f0016981_21115619.jpg


5億人のユーザーがいるFacebookの創業時のお話。
元々ハーバードの学生から始まったものだそうです。

そういえば、私もMiamiで知り合った人からinvitation貰ったのが、登録するきっかけだったなぁとフト思い出しました。

twitterでつぶやいたのは・・・
何かを成し遂げようとするものと孤独は一括り。人間は、あらゆる手段を使って、自尊心を守ろうとする。 そゆネガティブな部分を描いてるんだけど、反対に人間臭いところが満載だったのが、おもしろさであり、妙な安心感を感じた私。


マーク役のジェシー・アイゼンバーグ、とつとつと単調に台詞を早口で言う様、キャラ設定のうまさがいいですね。
最初、相当いやな奴なんだけど、ディティールにこだわって見てみると、子供じみた行動であったり、感情表現が回りくどくて、友人や好きな人にも伝わらない・・・
提供しているもののクオリティがすばらしかったり、事業がうまくいってるからこその人間関係の複雑さ。

人は人として、ネガティブな感情がゼロってことはないから、人間臭いさまは一言、おもしろかったです。

結構単調になりそうな話だったのに、一度も寝なかった(笑)
ドンドン引き込まれて140分、のめりこんでみてました。

最後の新人弁護士の言葉に、救われた気はしたけど。

手元にゴディバあったし・・・
思わず買ってしまった。
久々の映画はいい時間でした。
f0016981_21122645.jpg


ナップスターやビクシーの創業時の話だったり、ベンチャー企業の発展する過程、伏線の張られ方だったり、色んな要素が盛り込まれてたのに、頭にしっかり入ってきたのが不思議。
デビッド・フィンチャー監督の腕でしょうか?

f0016981_21124428.jpg


何にせよ、オスカー候補なのが納得の作品でした。
[PR]
by lovely_kh | 2011-01-19 21:09 | Movie
見てきました!
マイケルジャクソン This is it!


f0016981_21105550.jpg


マイケルが音楽の世界での一ページなのは確かなので、見てみたかったのです。
スリラーとバッドしか知らないと思ってたのに、全部の曲を知ってました・・・
彼のバラードは、かなり好きです。
さすが、King of popの曲。

夏に予定されていたロンドン公演のリハーサルを個人的な記録として取ったものなのだけど、かなりの完成度でマイケルの偉大さにただただ感服です。

ダンサーやバンドなども込みで彼の音楽の一部と言う言葉があったように、Detailの隅々にまでこだわるその姿勢に敬意をかんじます。
伝えるではない、ファンにどう伝わるかと言うことを考えて、BPMや間を計算しつくしたショーの構成だったのですね。

いこうかどうか悩んだけど、音楽や画面の迫力があるからこそ、尚伝わるものが大きかったと思うので、映画館で見た方がいい作品ですね。

imaxシアターまで行けばよかったかなと、少し考えちゃってます。
ご冥福をお祈りします。

Love lives forever.

f0016981_21111559.jpg


My Spaceに公式動画があったので、ちょっと見てみたいと言う方はクリックしてみてください。
[PR]
by lovely_kh | 2009-11-07 21:11 | Movie
アカデミー賞にノミネートされたおくりびとを見てきました。

f0016981_1936920.jpg


この作品は、ある納棺師の生き様を描きながら、「生まれてくることと同じように、死ぬことも尊いことである」ということを描いています。



自分の周りの人を おくりびと  することもあれば、

自分が おくられびと になることもある。

「死」が非現実的なことと感じるけども、考えさせられました。
「死」は生きている限り、現実的な話です。


感動でこみあげてくるシーンが多すぎて、号泣通り越して嗚咽・・・・
涙腺は元からゆるいけど。
ヒックヒックとなるほどに。

昨年10月に亡くなられた峰岸徹さんが、キーマンの一人で、もう亡くなられたのかと思うと、もう一つ複雑な気持ちになったり。


「生と死」が交錯している、この世の中。


ありのままの自然を受け入れることが、亡くなった人に対しても、私たちが生きるために必要な血や肉になってくれてるたくさんの命に感謝できること。
それをきちんと理解し受け入れていかないのは、いろんな意味で失礼ではないかなと思いました。



なるほど、アカデミー賞にノミネートされるはずです。

今ココに生を受けて生きている私たち。
生まれるという門をくぐりココに存在し、死ぬという門をくぐって、違う運命をたどる。

「ありがとう、また会おうの」と。

「生きること」「死ぬこと」を真剣に考えるならば、”絶対に”見るべき映画だと思いました。
映画館で見て、良かった。
あまり二度・三度、映画館で見ることないけど、もう一回見てもいいな。
[PR]
by lovely_kh | 2009-01-27 19:13 | Movie
レッスン後、映画の日だと思いついて、向かいにあるモールの映画の時間を調べて見ました。
そうすると、丁度見たかったハンサムスーツスタートの時間。
塚地さんの演技が好きです。
予告してるから、入れるかも・・・・とダッシュ。


f0016981_252035.jpg


感想。
不覚にも胸を打たれて涙したところもあったけど、単純に面白かったです。
大島さんの笑顔は、和みますね。
人の幸せを見つけて10歩進む・・・・、本書いた人が今幸せで安定したメンテリティの人なんだなぁと、何となく思いました。
こゆのいいですね。
[PR]
by lovely_kh | 2008-11-01 23:21 | Movie
昨日夜なべして、作成しなくてはならないもの完成(*^o^)/\(^-^*)

ひと安心。
レッスン後、整骨院も休みなんで、映画を見に行く気になりました。
終了時間と開始時間がほぼ同じな作品があったので、二本まとめてみました。

一本目は『崖の上のポニョ』

CMの歌が耳に残りすぎたし、久しぶりにジブリアニメをみるのもいいかなと。

f0016981_301076.jpg


久々見て・・・・
例えば、暗闇を走る車のライトとかの描写などなどの絵のコマ割がとても細かくて、空間・時間・感情などなどの表現がうまいなと思いました。
ただ、使う言葉がとっても難しい。「DNAの螺旋が・・・・」とか。
本題に関わる言葉じゃないから、OKなんだろうけど。

何だかんだ、登場人物に対する父としての愛し方・母としての愛し方・兄弟としての愛し方・隣人の愛し方・・・・を感じて、涙はホロリと出てきました。
人物の周りにあるバックグラウンドをもっと見たかった気はします。


二本目は『花より男子ファイナル』です。

基本はミーハーなので、F4が画面いっぱいに映るだけで大満足。
ドラマは見ていなかったけど、漫画は最初の方だけ読んだことがあったので、何となくバックグラウンドはわかります。

ボーっと見ていたけど、最後の最後では泣けました。
ありゃ。

2本とも一見違う話だけど、脈絡として流れる大命題は同じところにあるなぁと感じました。
楽しかったです。
[PR]
by lovely_kh | 2008-08-20 23:18 | Movie
最近、よく映画館で映画を見るわたしです。
あるホテルの1階に、等身大のパネルがありました。
そこから気になり始めました。

f0016981_0285112.jpg


そして・・・・
帰りに寄り道して、ザ・マジックアワーを見てきました。
Hoconago-san付き合ってくれてありがとう001.gif

f0016981_030760.jpg


三谷さんの作品はプロットがわかりやすいのに、細かいところでクスリと笑わせてくれる要素があって、大好きです。
人生誰もがマジックアワーがある。
美しい夕焼けのカットとこの言葉がマッチしました。


f0016981_0321151.jpg


最近は邦画、面白いなぁと思ってる私です。
又見に行こうと張り切ってます。
但し、メンバーズデーかレディースデー・・・・
[PR]
by lovely_kh | 2008-06-11 23:52 | Movie
昨日まとめてかりたCD/DVDの中の一つが、間宮兄弟のDVDです。

f0016981_20542851.jpg


借りようかなと思ったのは、蔵之介さんのファンなんです。
学生時代見てた、惑星ピスタチオと言う劇団の頃からファンです。
ちゅう割には、映画見に行かずに借りる・・・・って(苦笑、スミマセン。)

何かまったりとしてて、気楽な気持ちになれる映画です。
間宮兄弟の特別ではない、日常を描いた作品です。
[PR]
by lovely_kh | 2007-12-01 23:32 | Movie
ジャイロの帰りに、眼鏡が壊れたので、直しになんばへ。

f0016981_21415868.jpgなんばパークスシネマにで、何かやってるか見に行ったら、大日本人の開演の時間だったのでみてきました。みたかった映画だったので、丁度良かったです。

ちょいネタばれですが・・・
松ちゃん演じる、六代目大日本人の大佐藤大(だいさとうまさる)が、インタビューに答えながら、話が進んでいきます。

f0016981_21423194.jpg


松ちゃんらしく、色んなものの表現の仕方がシニカルです。
感想を一言で表現するのは、何となく言いづらいというのが、わかったような気がしました。
わかる人にだけわかればいい的な作品だなと感じました。

私は細かい間だったり、シチュエーション・小道具がかなり笑えました。
TVでやってたら、もう一度みたいかも。
[PR]
by lovely_kh | 2007-06-26 21:34 | Movie