2007年 10月 03日 ( 3 )

Ryo姐たちとホテルの部屋で合流。
Sawgrass Mills outlet Mallという全米最大級のアウトレットに、タクシーで行きました。
今回はお金セーブしていく予定だったので、ホントウにほしいものだけ買うつもりで見てました。
ただでさえ広いアメリカのモール。
そのモールが最大級って、『どんだけェ~~~~』って気になるではないですか。
まぁ、行ってみたかったんですわ。

その中のあるショップで、ID見せなくてはならないシーンがありました。
いつもパスポート入れてるところにない!!!

とりあえず、その場はほぼ10年前の国際免許をだしたらOKでした。

が・・・・
        パスポートないんですが。

アタシのおばか。
ありえない。

かばんひっくり返しても見当たらない。
モールのImfomationに聞いても、届いてない。
うろついてるPoliceに聞いても、届いてない。


※このモールでは、Police(警官)とSecurity(警備)の二種類のスタッフがいた。

仮に落としたとしたら、絶対に見つからないと思うから、帰国のための渡航書を領事館に発行してもらわなくてはならないと思いました。

※日本領事館=Consulate-General of Japan
 大使館=embassy 
大体Embassyという言葉を言ってたから、embassyが一般的なんだと思う。


パスポートを三月に更新したばかりだったので、そのパスポートのコピーがあるか不明・・・
パスポート用の写真はスーツケースに放り込んでる可能性はあるけど、入れてない可能性もあり。

自分の危機回避策のなさに唖然としました。
フォートローダデール二㌻もなかったから、ガイドブックも持っていかず。
情報なさすぎ。

とりあえず写真撮らなくてはと、1Hours Photoと言うお店に。
Photoと言うお店は、アメリカでは変装したりして記念になる写真を撮るお店のようでした。
日本の写真館は大体両方取れたりするものですが、撮れなかった。
完全に分業のようです。
ここの店員さんが私が切羽詰って、話してるのだけは分かってくれて、他の写真館連れて行ってくれました。それでも撮れなかったので、色々アドバイスくれました。

一人で心細い中の親切に感動して、涙がこみ上げてきました。
『アタシね~、三ヶ月だけ日本行ったことあるんだよ。いい国だよね。私大好きなのよ』と声をかけてくれる度に、見知らぬ私への親切に胸を打たれました。

※この時教えてもらったのは、アメリカで証明写真を取れるのは、郵便局だそうです。若しくはWalgreenのような写真現像があるドラッグストア。

自分の知識の上で、新しいパスポート手に入れるためには一週間かかるので、帰国のための渡航書ならば三日で手に入ると言うことだけは知ってました。
ついでに申請のためには、紛失証明書がいると言うことも。
ちゅうか、
 紛失証明書って英語で何ていうんだ???

※紛失届|a report of the loss of an article
 証明書|a certificate


頼れる人もなかったので、日本のオトモダチに電話。
まずネットが使える状況がありそうな人・Ideaを持ってそうな人に。
後は紛失証明書って英語で何ていうか、調べれる人に。
やっぱ携帯借りてきておいて、正解。
連絡してみて、自分が知ってる方法で間違いない事を確認。

一緒にモールに行った人たちの買い物終わるの待って、タクシーで帰りました。
どうしたらいいのか分からなかったので、涙が止まらなかった。

ホテルについてネットがつなげなかったので、フロントに(ホンマに)泣きつきました。
あまりに取り乱していたので"Calm Down(落ち着いて)"と何度も繰り返し言われながら、今どういう状況かという事とどうしたらいいのかわからないということも伝えました。

そうしたら『警察を呼ぶから、ここで証明をもらったらいい。そして、それを持って領事館に行くんだ』と。
  ※ 証明=Paper という言葉を使ってました。

待つ合間、念の為領事館に電話してみたら、留守番サービス的なところにつながりました。
その方になくなった旨を伝えたら、やっぱり同じ手順を説明してくれました。
後、『戸籍謄本を日本からFAXしてもらえ』と。

仕方なく、実家に電話。
『戸籍謄本このFAX番号に送って欲しい』
と言ったら、すぐになくしたことばれました・・・
『こゆときこそ、冷静になりなさい』と興奮して話す母。

泣きたいけど、泣けない。
でも、ほんとにすぐ対応してくれました。
ほんとに家族って、ありがたい。

そして、警察官。
さすが、アメリカ。
2時間後ダラダラと、警察参上。

パスポートのコピーあったから、

 ナント5分で調書取るの終了・・・・

グレハン(グレイハウンドバス)の時間も調べて、早朝マイアミに行くだけの状態で、荷物整理してたらE-ticket(飛行機のチケット)を入れてる袋にパスポート一緒に入れてた(絶句)。

いとも簡単にパスポート発見!!

みんなに迷惑かけて、ホントにアタシ最悪。
反省しまくりです。


基本、Happyだったことしか書かないつもりのこのブログにあえて書いたのは・・・
沢山の方々の親切に救われたと言う思いが強くあります。
世界中にある感謝のことばをいくつ重ねても、追いつかないだろうなぁ。

そして、いざの時に知っとくといいことだと思うので。


危機回避のために・・・

①パスポートのコピーと写真二枚は必ず持参しましょう!
②そのエリアの領事館の電話番号と場所は、調べておいた方がいいです。
③パスポート入れるのは、同じところにしまいましょう。


※パスポートなくしたら、楽しい旅行はそこでストップです。より自分の旅行を楽しむためにも、危機回避は必要だなと思いました。

--------------------------------------------------------------------
外務省

(注)紛(焼)失届出により、紛(焼)失したパスポートは失効します。
紛失一般旅券等届出書 1通
警察署の発行した紛失届出を立証する書類又は消防署等の発行した罹災証明書等
写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉
身元確認書類(運転免許証等)(印鑑(又は拇印)が必要な場合があります。)


新たな旅券(又は帰国のための渡航書)を同時に申請される場合は上記の書類に加え以下の書類が必要になります。

 (新規旅券を申請する場合)
一般旅券発給申請書 1通
戸籍謄本又は抄本 1通
写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)1葉
(IC旅券作成機が設置されていない在外公館での申請は、申請書2通、写真2葉が必要です。)
 (帰国のための渡航書を申請する場合)
渡航書発給申請書 1通
戸籍謄本又は抄本 1通 又は日本国籍があることを確認できる書類
写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル)1葉
その他日程等が確認できる書類
--------------------------------------------------------------------
[PR]
by lovely_kh | 2007-10-03 23:58 | ├GO USA!
Fort Lauderdaleって、何処やねん・・・????と、いう疑問をもたれる事が多いので、Googleの地図の写真を撮ってみました。
フロリダ半島、マイアミから北に60Km行ったとこです。

f0016981_484780.jpg


ちゃんとフォートローダーデール空港(FLL)があります。


f0016981_3393443.jpg


空港降りたら、モワッとスゴイ湿気。
スゴイ・・・

タクシーに乗ったら、ハイチ出身の運転手に『フィリピン人?シンガポール人?』と聞かれ・・・

『日本人』と答えると・・・・

『結婚しよう』と・・・・

日本のイメージって如何にゆえに・・・・

ビーチ沿いのホテル兼コンベンション会場につくと・・・


f0016981_340842.jpg


こんな真っ青な海と空が待っていました。

幸せだo(^-^o)(o^-^)o
[PR]
by lovely_kh | 2007-10-03 09:52 | ├GO USA!
f0016981_3374718.jpgサンフランシスコ発22:30のUS Airwaysで、ノースキャロライナのシャーロットへ。
同時刻にフィラデルフィア行きがあったので、悩みましたが、シャーロット経由で行くことにしました。
US AirwaysはよくDelay(遅延)すると噂を聞いてましたが、噂どおり・・・
Delay....

f0016981_338810.jpgそれも22:30になっても、アナウンスなし。
少し遅れたぐらいに、乗る予定の便から降りる人たちが・・・・
アメリカのDomestic(国内線)はバス感覚という事を聞くけど、ホンマバス感覚です。
23時ごろ飛行機には乗れました。

のってから、ワタスのシートベルトがない・・・
CAさんに言うと、『イスの下ちゃうか??』とイスはがし始めた。ワタスがずぼらかまして、中腰でいたら、CAさんのエルボーがワタスの額にヒット。
『イテェ~~~』大人になって、全力のエルボーをかまされた事がなかったので、驚いた。
でも、サービスが悪いというわけではなく、Deepなアメリカを体験したい方はUS Airwaysにのってみるべきだと思います。

又、乗るの嫌じゃないです。驚いたけど。

f0016981_3383186.jpg
すったもんだがあったものの、なんと定刻にシャーロット。
すげぇ、US Airways。
まさかの定刻着。

シャーロットはUS Airwaysのハブ空港です。
ここから、あっちこっちに又乗り換えです。


空港でうってたノースキャロライナ・アッシュビルのワインをちゃっかりゲットしました。
事前のリサーチで、何が名産か調べていたので。
いつ開けようかなぁ。
[PR]
by lovely_kh | 2007-10-03 06:59 | ├GO USA!