水曜どうでしょう。

毎日読む文章の一つが水曜どうでしょうのトップページです。
水曜どうでしょうは、大泉さんと鈴井さんのタレント二人とディレクター二人で作られてる北海道発のバラエティです。

トップページには、二人のディレクターが交互に本日の日記を綴っています。
心に残ることばが綴られてたり、オモシロが綴られてたり色々ですが。

火曜の日記のことばは、書き留めときたかったので、一部転載・・・


・・・・・(前略)・・・・・

確かに人生、自分の望まなかった流れに呑まれる時もありますね。

でも、そういう時は、その流れに身を任せているとね、自分だけの判断では、おそらく辿りつかなかっただろう岸に流れ着いてね、自分の力だけでは見るはずも無かった風景を見るものですよ。

それはそれで、ラッキーなことだと思うの。

だからね、世の中は、何が幸いするか分からないということですよ。ほんとにね。

抗えない潮の流れに呑まれている間はね、抗うことなく流れのままに流されるのが案外好かったりします。
体力温存ですよ。
無駄にあがいて体力を消耗しては、おぼれて遭難するばかり。

環境が変わって「上手く行かないよ」と落ち込むような時はね、
「まぁこんなもんだ」と諦めてね、その状況から脱出しようとガムシャラに泳ぐのをやめたほうが好い。
そしてね、ぷかぷか、空を見上げて浮いてる方が好いようです。

落ち込むのを止めるのが一番得ですよ。

落ち込むのを止めるって、出来るもんですよ。

自分の思い描く自分でいたいのに、その自分でいられないから落ち込むんだと、ぼくは思います。

当分、自分の思い描く自分になんかはなれないなと。
不本意な状態だけど、この今の自分の状態のままでしばらく我慢しようと観念したら、多分落ち込むことも無くなると思いますよ。

そしたら、無駄な体力消耗もなくなるはずです。

流され始めたら、簡単には、その流れから抜けられません。
そんなもんです。

だから、そういう時は、流されるままに、ぷかぷか浮いれば好い。

そしたら、そのうち岸にたどり着く。

それは絶対そうですよ。

ですから、それまでは、空を見上げて呑気にしてた方が好い。

ぼくは、そう思ってます。

はい。

では、また。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の軽い〆方が、これまた安心感を感じたりするのでした。
本日の日記の本が出版されるらしいから、絶対に買おう☆
[PR]
by lovely_kh | 2007-05-23 20:31 | 徒然