日の過ぎる早さに驚愕なのだ。

なんだかよくわからんが、今日は本当にたくさんの人と話した。



という訳で、色んな学びある日だったけど、その中でも自分の健忘録がてら一つのストーリーを残してみる。


二ヶ月前に骨折をされたお客様が、81歳だったと知った。
骨折をしたとかオペをしたとかは、人づてに聞いていて、心配してたけど、会う日を待つしかない。

プール入水後のシャワールームで偶然出会った。


「もう手術後、ここまで動くようになったのよ。ギプスも親指だけ固定して残りの四本は動くようにしてたから、動かさなきゃいけないのかなと思って、一生懸命動かしてた。先生も回復の早さに驚いてたの。
私も81歳じゃない。オペは80超えてたらやらない方針みたいなんだけど、私がすごい話すから、これだけ元気だったらやれるかなと思って、オペしますかと聞いてくれたの。
親指が動かないということは、物を握れないとか握力が出ないということなんだと身をもって感じたわ。

この歳になっても、まだ勉強することはたくさんあるんだなと思ったわ。」と。

いくつ歳を重ねても、率直にまだ勉強することがあると言える向上心がすごいなと思えたし、だからこそイキイキとしてるんだろうな。


私も80代になったとき、こんな風に生きれるのかな~。
生きたいな。
[PR]
by lovely_kh | 2012-06-01 23:34 | 徒然