自分の価値観

今日、お客様との会話の中で....

「先生みたいな仕事は、自分の提供しているモノを心の底から好きだと思ってるから、自信もって提供できるんだろうなと思います」

と。


たしかに...そうかもしれないな~。


実際、言う程稼げる仕事じゃない。
→学生よ、夢のない話でゴメン((((;゚Д゚)))))))

でもね、学生と関わるようになってから、ただ与えられた仕事をするだけじゃなく、若い人が夢や希望を持てる仕事に昇華させないといけないという意識は、芽生えてきてもがいてるとこです。


私も当時、電卓叩いてみたり、前職にカムバックするなり、他の仕事に変わるならば、自分の年齢と更に試算したら、「三年だな~」

と思ってた(; ̄ェ ̄)


リスクを感じながらも、やってみたいと思えたのは、インストラクターの笑顔や人を巻き込む程のエネルギーそこに感動したからに他ならないのでした。

感動って言うのは、掛け値なしに人の行動変容につながるものです。


「三年だな」と思ってた私が、信じられないことに15年もこの仕事をしてる。
結構なサプライズだったりします。


「何で、続けることができたのか??」ということを考えてみると、「人が変わっていくお手伝いをすることに対する感動の毎日」だからだろうなと思います。


お金はあればあるだけいいと思うけど、そこだけにこだわると「何が目的なのか?」「どうしてやっているのか?」という本来の目的を見失ってしまいます。


逆風に追い込まれる時って、絶対にどんな場面でもあると思うけど、「目的と言う軸が明確であるかないか?」「自分の本心にウソ偽りはないか?」そこを試されてるのが、逆境。


「こう答えるのが、この場でベスト」という発想もあるけど、その考えにとらわれずに、自分の本心の赴くままに、今自分が使える技術を存分に利用して、足りない何かは補う幾つかの方法の中から取捨選択して行っていく。
そこが、逆境をバネにするブレイクスルー。



「ウソ偽りのない、自分が本当にしたいことはなんですか?」
ここで締めると・・・
・・・なんか、コーチングとかの宣伝ブログのようになってしまった。。



SKYPE利用のキャリアコンサルティングはやってるので、迷っていたら、ご連絡ください。
・・・やっぱ、宣伝??


いやいや、単にこんなご時勢だからお役に立ちたいだけ。



こゆ事は、表ブログに書けば、良いのかなと思う今日この頃。
f0016981_452816.jpg


言葉修正して、upしよう...
[PR]
by lovely_kh | 2011-07-23 23:13 | 徒然