つづけること!

パステルカラーの空。
TiltShift Generator でエフェクトかけてみました。
ブルーが深くなって、これはこれで好きな空!

f0016981_19182932.jpg


茨木ボディケアスクールの日。
いつもテーマはざっくりと決めてるけど、全体の様子見てから、進行しています。

ワタシは治療家ではないので手技で何かをすることはありませんが、カラダのアライメント(姿勢)を見たときに、ある特定の部位に無駄な力が発生していたり、反対に硬さが生じていたり、アライメント的に何が問題で、クライアント様の主訴につながるかということは、運動指導者として何度もUP-DATEして、その感覚は洗練されてきてるように感じます(あくまで、自己評価・・・笑)

余談ですが・・・
自力本願(自分でカラダを動かすこと)と他力本願(マッサージなど、他人にカラダを動かしてもらうこと)の両面で取り組むのがいい感じです。

お客様からも、「このクラスに参加すると、一週間は調子が良いから、リピートしたくなる」とか「痛みの原因に対する対処の仕方を具体的に言ってくれて、ホームワークをすると確実に痛みが出ない」と言う声を頂けてるのは、ありがたいことです。
「もっと勉強しなきゃいけないな」と、先の遠さに立ちくらみがしそうです。

最初お話聞いたら、調子がいいと言われてたこと、実際少し動いても反応が良かったこと・・・
という訳で、パワー祭り(笑)!!

緩める→連動→安定。

V字も余裕。
安定は、しっかり自体重をかけていくものを。

スゴイ!!
微動だにせず。

「数年前はこれできなかったのにな。できるようになった♪」

と。

こゆお声が、嬉しいですね。
続けることのすごさを目の当たりに、させてもらいました。
ワタシもガンバロ。


結構勘違いされがちなのですが、

トレーニングって、やれば良いってもんではありません。


トレーニングって、何のためにやるのか??その目標に応じて、やり方は変わってきます。
やること自体に意味があるのではなく、自分の目標とするパフォーマンスの向上していくことに意味があるのです。
例えば、ボディビルの大会で勝つとか、スポーツの試合で勝つためとか、又腰が痛くて悩まない生活を送るなどなどって言うこと。


だから、やってる時にターゲットにしてる(使いたい)筋肉の他の部位に違和感があると、代償動作と言って、その筋肉以外のところを使っています。
それって、結果的に痛みの誘発につながることも少なからずあります。


腹筋してるのに、首とか足とか痛いのは何故??


という感覚を持った方は、要注意!
やり方を修正した方がいいです。
もしくは、運動の強度を下げた方が良いです。

この修正をかけることが、適切なカラダの使い方につながるし、パフォーマンスの向上にもつながります。
トレーニングしてて、カラダ故障したというのは・・・ですね。

トレーニングは、重いものを扱えたり、難しいものをやれればいいというものではない。
自分の体力に適したものをチョイスするのも、トレーニングの1つです。
もし自分じゃ分からんという方は、今はパーソナルなんかもあるので、利用するのもいいかもしれませんね。


「適したものってどうやって判断するのさ???」という疑問をお持ちの方もいることでしょう。
1つの目安は、エクササイズをやった時の気持ちよさ。
どんなハードなエクササイズも、使うべき筋肉が適切に使われていて、代償動作も発生してない場合、案外キツサは感じないもんです。
達成感もあるし、すごいスッキリもします。
その日よりも次の日の快適さ。
ハードな有酸素のスタジオプログラムは、やってすぐはアドレナリンでキツサかき消しちゃいますから。


そんなこんなで、今日のパワー祭り・・・
ムーブメントの向上に、感動の嵐なのでした。
続けることって、すごい。
[PR]
by lovely_kh | 2010-11-20 19:07 | 徒然