トレーニングとバリエーションの因果関係。

同業者の中で、よく耳にする言葉・・・
「ネタがない」


ネタというのは、業界内ではプログラムの内容のことをさしている。


プログラムって、さて何なんだろう?


ダンスのコリオグラフィーとして考えるのか?
エクササイズとして考えるのか?


この辺りで、まず差異が出ることでしょう。


私の場合、最近はバリバリのウェイトトレーニングはやってないもの(バリバリやるための気力をつけるトレーニングから必要)のピラティスをはじめとするボディーワークの奥深さがとっても興味深く、むしろはまってる。


奥が深すぎて、受講者側として参加しても、指導者側として存在してても、毎回何らかの気付きと学びと伝えたいこと(伝わってくること)が違うような感じ。

つまり何か斬新なことをやるのではなく、『何を』『どのように』なんていう5w1hを明確に伝えることが重要で、その工夫如何でバリエーションってもんが存在するのかしら?なんて、結論のない話をダラダラ書いてみたのでした。
[PR]
by lovely_kh | 2010-08-05 23:31 | 徒然