福山(広島)クラス。

今年の初めに、いくばくかの目標をあるところに表明しました。
結構、無理かも・・・的なことも立てたけど、残すということがとっても重要なようで、書いたことに対しては中々の達成率です(っことは、大した事ない設定なのでしょう・・・きっと)

その中の一つが、地元で1円もいいから収益を上げるというものも。

6月の閉館騒動で、色んなことを考える機会がありました。
おまけに、この時期にインフルエンザで休館まで・・・
普段に会えない人に会えたから、まぁ何か必要な時間だったのでしょう。きっと。

偶々助け舟を出していただき、与えられている仕事量は変わらなかったけど、「このままではいけない!」と、そのときに撒いたものが育ってきたので、ちょいtoo muchです。

考える時間があるときに、こうやって縁がある方々に運動指導をさせていただいてることは本当にありがたいことを実感しました。
でも、自分の大事な人に「具体的に何もできてない自分をすごく情けないな」と思いました。
種をまく一環として、大事な人にいつまでも健康で生き生きとした生活を送る手助けをすることも行うことにしました。
今日はそんな日です。

丁度、母が病院に行く日だったので、ついていきました。
こちらの病院は毎月行っている勉強会で、縁があって、転院したところです。
どんなところか、気になっていたし。

行ってみると、すごく立派なリハ施設。
何がすごいか?
スポクラにあるトレーニングツールはすべてそろってる上、ピラティスのリフォーマーをはじめとしたエクイップメントが私が知ってるツールはすべてそろっていました。
O2カプセル、YAMUNA・ボールやストレッチポールなども。

自立できた患者さん向けか?予防の患者さん向けか?のヨガ・ピラティス・YAMUNAの充実したスタジオプログラムも。
今日、母はYAMUNA使ってリハしてました。
縁があったからこそ、いいところにめぐり合えてよかった。

カラダの特に身体的なことに関しては、治療・調整・運動の三位一体であるからこそ、本当の意味での改善に導けると最近実感しています。

私は運動の専門家だけど、自分の役割は明確にしながら、治療や調整のことももっと理解できるようになりたいです。
だから、運動の出張教室・・・
ボチボチ展開しますよ。
自分が無理しない程度にね。

今日、リハルームで声をかけてくださった、患者さんの「若いころ、歩けるのは当たり前だと思っていたけど、こうなってみて、普通に歩けるということが如何に幸せだったんだろうと思う」という言葉が、心に残りました。
[PR]
by lovely_kh | 2009-09-01 21:27 | 徒然