ロールアップ、ロールダウン。

オフ!自分のための時間です。


昼からレギュラーピラティス→歯医者(辛い)→脊柱ワーク&マットピラティスのオープンクラス。


ピラティスを深める一日でした。



夜のオープンクラスはロールアップをスムーズに行うために、フランクリンメソッドというボディワークを融合させたものでした。



今日2クラスも受講してみて、感じたこと。

骨に意識を向けるか、筋肉に意識を向けるかで、随分自分の感覚が違うこと。
同じ動きでも。

どっちが良いとか悪いとかはないけど。


ただ、強い筋肉が異常に頑張ろうとすると、他の筋肉が動きにくくなる。
その為に、強い筋肉は抜いた使い方をしなくてはならない。

抜くという使い方を身体が習得することによって、①疲れにくい②ケガしにくい③新しい可能性を見い出すことができる身体の使い方が、可能になる。


弱いと思っていた筋肉が、新しい可能性を引き出してくれる。


これは人のあり方や行動とも、似てるかも。
心と身体は一致してるからね。

そんなことを感じた、一日でした。
[PR]
by lovely_kh | 2009-05-19 23:25 | 徒然