当たり前への大いなる警告

レッスンの合間、自宅で野暮用をしながら、ニュースを見ていました。
その時、コメンテーターがいってたのが「当たり前に対する大いなる警告」という言葉でした。
「ミツバチ不足」の特集をやっていました。

全国的に、ミツバチが不足しているそうです。
農水省が動き出すほどです。


f0016981_18541547.jpg


色んな野菜や果物を栽培するために、ミツバチは利用されています。
オシベからメシベへの受粉のためです。TVで話されていた内容では、人の手で受粉しても、ミツバチほど正確で迅速にできず、作物も市場に出るようなものは10分の1ぐらいになるそうです。
ミツバチが受粉してくれないと、形が悪かったり大きくならなかったりという問題が。
どんな野菜・果物に利用されているか、農水省のデータがありました。


ミツバチの件も勿論そうだけど、インフルエンザの件とか「当たり前への大いなる警告」的なことが、多すぎる気がします。
色んな事の代償的な感じさえ受けます。

本当に大事なことは何なのか、私たちも考える・実践していかなくてはならないんだろうな。
[PR]
by lovely_kh | 2009-05-07 19:05 | 徒然