おもいやり。

ここ最近、起きる出来事の中で思うこと。

お互いに思いやりのあるつながりっていうのは強いエネルギーをもらえるし、つながり同士の相乗作用もあるということ。
何とも言えないあたたかさもある、そんな感じを受けるのでした。


思いやりっていう言葉は、どういう言葉で言い表されるのかとgooの辞書で調べてみました。

(1)その人の身になって考えること。察して気遣うこと。同情。
(2)遠くから思うこと。想像。推量。
(3)思いめぐらすこと。思慮。考え。



今週は心があたたまるそんな出来事も沢山あったけど、冷やかな気持ちになる出来事も沢山あったような気がします。
冷やかな気持ちには、何でなったんだろうか?

うーん、心ない振る舞いを見たときだなぁ。
相手を利用しようとする前提で近寄ってくる振る舞いとか、間違いを謝らないとか、エゴを押しつけられた時とか、相手の気持ちを踏みにじる瞬間を目の当たりにした時とか・・・

色んな個性があってこそ、おもしろいのだろうけど・・・
やっぱり、思いやりがある人とお付き合いしてる方が、穏やかでいられることは確かです。


どんな人も生まれてから受けてきた外的環境やその環境から感じた感情を取り除いたら、どんな人も変わらないと思います。
何があっても、前向きな認知としてとらえて、思いやりを忘れない自分でいたいです。
その方が、自分が人生歩む上で、気持ちよく過ごせると思うのです。
[PR]
by lovely_kh | 2009-03-12 23:38 | 徒然